官公署に提出する書類

官公署に提出する書類

行政書士は官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成、同内容の相談やこれらを官公署に提出する手続について代理することを業としています。その書類のほとんどは許可認可(許認可)等に関するもので、その数は1万種類を超えるとも言われます。

たとえば、建設業許可、産廃処理業許可、電子定款認証、著作権登録、外国人のビザ申請、車庫証明、農地転用、飲食店営業許可などがあります。